雨上がりの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人は騙されやすさ世界一?

<<   作成日時 : 2014/05/15 16:06   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 残念ながら日本人は騙されやすさ世界一のようです。だから振り込め詐欺に簡単にひっかかる。言われると、ああそうですか、なんですね。
大金渡すのですから、せめて、「何故お金が必要なのか?」「何故、すぐ送らなければならないのか?」「何故、還付金を受けるのか」そういったことぐらい聞いてもよさそうなものなのに、相手にこうだ、と言われると、それを鵜呑みにしてしまうんですね。
 慰安婦問題もそうです。真実でも証拠がなければどうにもならないことが多い現実の中で、証拠も示されず、証言してるものの言い分をまるごと受け入れて、簡単にお金を渡してしまいました。普通ならその話がほんとうかどうか、しっかり調べて、証拠も集めるべきなのに、証拠もない話を本人が言ってるんだからとまるのみなんて。

それにしても振り込め詐欺の被害すごいですね。
2003年:43億円 2004年:283億円 2005年:252億円 2006年:260億円…そして2014年の今も振り込め詐欺は横行しています。なぜもっとしっかり取り締まらないのか、その点についても疑問です。でこんな巨額の犯罪が起きうること、そして野放しにされている状態が不思議でなりません。

 日本人は海外でも騙されるケースが多いそうです。
アメリカで従業員が会社相手に行った詐欺事件の金額レベルの第二位が日系企業でした。日本人が騙されやすい理由として以下の点が考えられます。
1)自分で考える部分が弱い:
2)権威や学歴、肩書に弱い:

弁護士だ、医者だ、警察官だと言われると、そういう肩書きで無条件に信用してしまう。人を見抜く力というのは肩書や学歴などのブランドではありません。本当にその人がどういう人かということを判断できる力です。日本人はブランド好きだと言いますが、本当に物を見る目がある人は価格やブランド以上にその物を見て価値の判断ができる、そういう判断力を鍛えることが大事だそうです。
 肩書がなくても正しいことを言っている人、立派な人はいます。肩書以上に重要なのは、その人がどういう人であるかと言う事です。それはその人の会話や、対応などで見抜くべきことです。

4)お金の使い方になれていない:
日本人の多くは昔からお金持ちという人が少ないので、お金の使い方になれていません。日本人の中には大金を銀行口座の当座預金にいれていたり、酷い人になると「たんす預金」を持っている人もいます。そういうナンセンスな行動は犯罪を自分で招いているようなもだそうです。
画像

参考
アメリカでなぜ振り込め詐欺は横行しないのか?
http://ameblo.jp/hbs-hagiwara/entry-10173741652.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本人は性善説の考え方が多いと思います。
お人よしですね。
asayan
2014/05/15 19:52
人は自分を基準にものを考えます。自分が嘘をつかない人は、相手も嘘をつかないと思ってしまう。だから騙されるのですね。正直であるのはもちろんよい事です。でも、嘘をつく人も世の中にはいるということを、知っておかなければいけないのですね。
mayflower
2014/05/16 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本人は騙されやすさ世界一? 雨上がりの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる