雨上がりの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアのあちこちでぶつかってる中国

<<   作成日時 : 2014/05/16 15:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 5

妄想 VS 現実 青山繁晴」について 
  中国はアジアのトラブルメーカーですね。今、ベトナムともめてます。アジアのあちこちでぶつかってます。日本に対しても一方的に責めまくる。とにかく日本が悪い。安倍さんが靖国参拝したくらいで(なんの実害をもたらした?) 吠える吠える。日本の右翼化はよろしくない、日本は反省しろ、日本は謝罪しろ。反省が足りない。
 日本は戦後70年間、平和国家としての実績を積み上げ、世界に貢献しています。中国にも謝り、韓国にも謝り、頭下げてお金も払い、それでもまだ日本人は悪いと言われ続けながら、なんの反論もせず言われっぱなし。こういう民族を残虐極まりない民族に仕立てあげ、自分たちのことは棚に上げ、ひたすら攻撃している。
 韓国は国をあげて世界に向け、ディスカウトジャパン運動までしています。にも関わらず日本のマスゴミは韓流だとかやたら韓国持ち上げ。こういう現実を見ると日本人は馬鹿なの?とすら思えてしまいます。
 日中国交条約で交わしたことはどうなったんでしょうか? 日本が中国に頭を下げ、支払った金額はどのくらいに及ぶんでしょうか?
 その金で平和どころかせっせと軍事拡張。アジアのあちこちで衝突。言うことはいつも同じ。中国は正しい。悪いのはお前らだ。これに2国を加えて特亜三国。悪いのはなんでも人のせいにします。こういう国が日本を取り巻いている近隣諸国です。
 しかも日本の政府がやたら頭下げてお金をばらまきました。事勿れ主義、お金バラマキ外交により、日本は叩けばすぐにお金を払う、頭下げて謝る。そしてお金払いながら馬鹿にされ続ける、こういう風になってしまったんですね。いつまで続くんでしょうか?
 日本人はもっと近隣諸国の歴史などしっかり学び、どういう民族なのか知るべきだと思います。日本政府も事勿れ主義、お金バラマキ外交を改めて、しっかりと近隣諸国(特亜3国)の真実と向き合って対応して欲しいものです。

画像


宮脇淳子氏の主張(【討論】何処へ、中国は!?
戦後日本が中国・韓国にとってきた対応のまずさについて、宮脇淳子が激しく語る。
http://www.youtube.com/watch?v=UKIBOyV-U2U

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
捏造写真が東京大虐殺を誘発する
人類史上、最悪の虐殺国家(ギネス記録)である中国は、戦前から日本人を大量に虐殺し続けてきた。 ...続きを見る
風林火山
2014/05/18 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
同意いたします。
伝書鳩
2014/05/21 22:00
日本のマスコミは、反日媚中媚韓です。
その理由の一つが、マスコミはスパイ(情報工作員)の温床なのです。また「日中記者交換協定」の影響があります。
田母神氏が言うとおり、日本人は崇高な民度が高い国民性です。しかし世界は腹黒いのです。日本人の感覚で誤れば許してくれるだろう、ではないのです。誤ってはいけないのです。そもそも日本は侵略国家ではありません。戦争に負けたことにより謂われなき罪まで背負わされました。
海外では、交通事故を起こしたら、絶対にI'm sorry(御免なさい)と言ってはいけないという常識があります。誤った時点で、すべての責任を負わされます。
それと同様に、誤った時点で、日本は、世界から金を出せと、集られます。真面目な日本人は、世界では、ネギを背負ったカモなのです。
おっち
2014/05/25 00:42
すみません。訂正です。
誤る → 謝る
おっち
2014/05/25 00:44
嘘も捏造・歪曲も大声あげて喧伝すればさも事実かのように認識されてしまう。オバマさんは中・韓の言い分を信じたようです。日本は外交ヘタです。謝罪してお金だしてきたいままでの対応が間違っていたんです。私たち民間の日本人に何ができるでしょうか?
asayan
2014/05/26 10:30
>嘘も捏造・歪曲も大声あげて喧伝すればさも事実かのように認識されてしまう。

おっしゃる通りですね。今までそれが成果をあげてきたのでしょうが、だんだん気づいてきてる人も増えて来たようです。またやってる、と冷めた目で見てる人も多くなってきてるような…。どんどん太鼓、やたら吠えまくって、うるさいったらありません。
雨上がりの散歩
2014/08/25 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジアのあちこちでぶつかってる中国 雨上がりの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる