雨上がりの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の隣国について

<<   作成日時 : 2014/05/23 13:18   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 4 / コメント 7

米国での反日いじめの実態 青山繁晴」について
 関西ではアンカーでニュースとして取り上げてるようですが、関東では一切このような報道はありません。慰安婦問題くらいは知ってると思いますが、それによって日本人の子供がひどい目に合ってることについては知らない人も多い気がします。
 隣国とは友好関係を結ばなければという強制的観念から、日本人が頭下げて支払った金額、善意の支援、協力の結果がこれですからね。
 反日活動を世界で行い、戦後70年たった今なお日本は謝罪と賠償せよ。こんなこと言ってる国は他にあるのでしょうか? アメリカはこういう国と一方的に日本に仲良くせよ、と述べてるだけ。
 さらに中国。日中国交を前向き志向で行った筈なのに、戦後70年たった今も日本人の残虐性をことさら強調した番組を流し、自国民に日本人憎しの感情を植え続けています。お人好しの日本人だけが前向き志向で友好関係を築けると思い込み、資金援助、様々な協力支援を行った。
 戦後70年日本がその後どこかの国を侵略したとか、どこかの国と武力で衝突したとかありましたか? 一方あちこちで武力衝突を起こしてる中国。一党独裁の共産党に逆らえば自国民ですら容赦なく制圧。
 一部?の人たちが何かにつけてヒットラーを日本と結びつけ、ヤレ独裁とか右翼化だとか喚きますが、こういう言いたいことが言えるのは日本が民主主義国家だからです。安倍さんを糞味噌に批判しても捕まったりはしません。でも言ったことに対する批判は受けます。言う自由もあれば、その意見を批判する自由もあります。ところが批判すると、論点をすり替えて差別だとかヘイトだとか言論弾圧だと喚く。自分たちの言ったことには責任を取らず、ひたすら極端な言葉を使って他者を攻撃。
 保護法の成立がなかなか進まないのも民主的に行っているからです。多数決の横暴とかと言い始めてる人もいますが、では何も決まらない現実をほったらかしておくのですか?
 日本に居てただただ日本のことを批判してる方々は、日本が弱小化することを望んでいるとしか思えません。
 9条の平和憲法、確かに素晴らしいかもしれませんが、ではなぜ世界は見習わないのですか? 素晴らしい平和憲法なのですから、世界中が9条を採用すればいいじゃないですか? 9条の平和憲法推進者は日本だけではなく世界に向けても活動して貰いたいものです。
 でなければ日本だけが武器も何も持たず、日本人は平和主義者で武力行使は行いませんと、世界に向けて宣言してるわけですから、仮に責められた場合、圧倒的に日本が不利な立場になります。確かに今までは運良く?衝突とかはありませんでした。でも今日本の周囲を見回したとき、毎年軍事拡大を行ってる中国、そして尖閣諸島への強引な態度。圧倒的に日本が不利な立場のままで、この状況を眺めるのは怖くて仕方ありません。
 日本で9条推進運動を行ってる方々は、ぜひとも中国に行って憲法9条の素晴らしさを訴え、採用して頂くように運動して下さい。中国も武器も持たず、武力行使は良くないから、何事も話し合いで解決しましょう、というのであればとりあえずは少しは安心です。
 それでも世界は中国だけではありません。世界中に向けて憲法9条の素晴らしさを訴え、推進運動を行って下さい。今の世界の現状で日本にだけに自国防衛できない現状を押し付けるのは、どう考えても日本が不利だと思います。少なくとも自国防衛能力ぐらいは持って欲しいです。他国が命をかけて守ってくれるとはとても思えません。
 こういうとあなたは戦争推進者ですね、と曲解して言う人がいます。誰が好き好んで、結局のところ破壊と不幸きりもたらさない無益な戦争など推進するんですか? それどころかこうして平和に暮らせることに心底感謝しています。だからこそ平和を守る術について、自分なりに真剣に考えてるわけです。無益に戦争などするものはいません。自国の利益、自国防衛、そういう事情からでしょう。今現在先進国と呼ばれる国々は大戦経験から、無益な戦争など行わないように極力話し合い解決を望んでます。もちろん日本だってそうです。ただ残念ながらそうでない国もあるということです。それが日本の隣国にある。どう対応すればいいのか。9条推進者は戦争をできる国にするな、ということのようですが…、こういう人に聞きたいのは、一体どうやって自分の国を守るのですか? ということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
靖国神社問題 田母神 vs 小池
5月20日のTVタックルで、靖国神社に関する大討論番組があった。 ...続きを見る
風林火山
2014/05/23 19:19
中共の対日戦略 櫻井よしこ
毎度のことながら、中共による日本の領空や領海侵犯がエスカレートしている。 ...続きを見る
風林火山
2014/05/27 21:27
国際政治のリアリズム
媚中を通り越して、もはや中共の代弁者といっても過言ではない反日左翼のテレ朝(朝日新聞系列)。 ...続きを見る
風林火山
2014/05/31 16:19
極東アジア情勢 言って委員会
本日の「たかじんのそこまで言って委員会」は、『極東アジア情勢 緊急SP!』で非常に濃い内容だった。 ...続きを見る
風林火山
2014/06/22 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
知人に聞きましたが、主婦のひとたちが「安倍政権は戦争のできる国にしようとしている、怖いね。」
などと言っているそうです。私は中国の恐ろしさと、安倍首相は日本を守ろうとしているだけだと伝えましたが、こういった傾向はマスコミ報道の偏向のせいに違いないですね。
mayflower
2014/05/24 01:53
 自分たちの国は自国民が守る。これが基本ではないでしょうか? 誰が他国民の命を命投げ出してまで本気で守ってくれますか?
 戦争云々ではなく、どうやって自国を守るのか、という方へ頭が向かないのでしょうか?
 なぜすぐに戦争と結びつけるのか、意味がわかりません。
雨上がりの散歩
2014/05/24 22:02
いつも関連記事をエントリーいただき、ありがとうございます。

中国に関しては、メンツを重要視する(一度公言したら絶対に実行する)国家です。
憲法9条の護憲派に言いたいことがあります。
もし、隣に住む極悪非道のヤクザ一家が、武装(核武装)して、隣に住む金持ち一家(日本)に対して、強盗に入ると公言しているにもかかわらず、武装もせず、お隣さんと仲良くしたい、自分が遠慮すれば、きっとお隣さんと上手く付き合える、という妄想だけで、平和になると信じている事に等しいです。
もしあなたのご主人が、家族を守らず、戦う姿勢を見せず、強盗に入られたら、そして無抵抗で殺されることを望むなら、どうしますか?・・・と問いたいです。

おっち
2014/05/25 00:27
 こちらこそいつもお世話になってます。テレビのニュースだけではわからない情報提供、大変参考になります。
 それにしても自国を守るという意識がないのでしょうか? 誰かが守ってくれるとでも思ってるのでしょうか? 特定保護法案が成立したら、戦争が始まるとか言ってる人がいます。一体どこと戦争するんでしょうか? 有事に備えて自国防衛できる国にしておく。あたりまえのことだと思うのですが…。
 
雨上がりの散歩
2014/05/25 15:29
スパイ防止法案がなく、中国、韓国などのスパイ(情報工作員、世論煽動工作)が野放し状態です。この特定秘密法が施行されて損をするのは、中国と韓国です。これらの工作員は、平和ボケした日本人の左翼団体をバックアップしています。見分けるのは簡単です。反対すれば、一体だれが利するのか? 沖縄の基地反対、オスプレイ反対、自衛隊の派遣反対、憲法改正反対・・・等です。
また日本はスパイ防止法がなく、欧米の機密情報も筒抜けなので、米国も貴重な機密情報は、日本には提供しません。これは安全保障上、大きな問題です。
おっち
2014/05/25 22:52
日本を戦争の出来る国にしようとしているなんてバカな解釈です。
世界の情勢は大きく変わっています。中国は日本を中国の属国にしたい。そうすることが、これからの10年の妄想です。妄想で突っ走る怖い隣国に国内の反日分子は何故気づかないのか不思議です。
asayan
2014/05/26 10:36
>日本を戦争の出来る国にしようとしているなんてバカな解釈です。

何の得にもならない争いなど誰がするんですか? 危険が迫った場合、どう自己防衛するか、そういう問題だと思うのですが。自分を守る術がなければ、相手のいいなりになるより仕方ありません。
 殴られても暴力は反対、殴り返さず、殴られるままじっと耐えるんでしょうか? 自分や仲間に命の危険が迫っても暴力は反対、抵抗もせずに黙ってされるがままでいろということなんでしょうか?
 
雨上がりの散歩
2014/05/26 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の隣国について 雨上がりの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる