アクセスカウンタ

雨上がりの散歩

プロフィール

ブログ名
雨上がりの散歩
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 4−5   さやかと忠司が二階の踊り場にやってきた時だった。健太は偶然というように、二人の前に立ちふさがった。ぶつかりそうになった時、あら、ごめんなさい、と言うようにさやかが健太を振り仰いだ瞬間、健太はそのチャンスを逃さなかった。二人が一緒にいる場面をカメラに収めた。 その後「やだなあ、俺」と頭を掻くと「階段で前方不注意なんて、俺ってそそっかしくて…、すいません、どうも」と謝った。それからまたふらふら歩きだしながら、下のロビーのねねに軽く手を振った。取りあえず、ねね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/21 15:07
はい、こちら河合探偵事務所
 ボンジュール、マダム! 4−4 レストランを出ると、さやかと連れはまっすぐにフロントの方へ歩いて行った。どうやら部屋のチェックインをするようだった。健太はぶらぶらと近づいて行くと、素早く記帳を覗き込んだ。阿久津忠とあった。本名かな? まさかつけられてるなんて夢にも思わないだろうから、そこまで警戒はしてないだろう。ところがさやかの記帳した名前を見て、健太はギョッとした。涼風さやかとあった。まさかフロントのボーイだって本名だなんて思わないんじゃないだろうか、とボーイの顔を伺ったが、まだ結... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/20 12:09
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 4−3 クラッシックがしめやかに流れる中、さやかと連れの男の途切れ途切れの会話が聞こえてきた。実際はありきたりな碌でもない会話だったかもしれない。だがこんな場所で聞くと、何か優雅に聞こえてくる。  「何時まで、一緒にいられるの?」さやかはホタテのソテーを召し上がりながら、にっこり微笑んで 言った。 「四時頃迄なら、まあ自由になるかな」と連れは腕時計にチラッと視線を落として答えた。「さやかさんはお得意のお客様ですから。僕にとっては息抜きですけどね。こんなにゆっく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/18 16:42
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/16 10:26
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 4−1 心の中では、これで昼飯は当分カップラーメンだな、とぼやいてはいたが。扉を開けると、美しき貴婦人の肖像が、愛らしい微笑で二人を出迎えた。貴婦人は薔薇色の薔薇模様のシルクのドレスを着て、薔薇の花と地球儀の置かれたテーブルの傍らで、分厚い皮表紙の本を膝に乗せて、深いすみれ色の目でこちらを眺めながら、くすんだ金縁の薔薇の花模様が彫ってある額の中に収まっていた。 「きれいな人だなあ」と健太は思わず立ち止まって言った。 「この人はかの有名な何とか夫人というフランス女性... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/12 11:32
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 「だってこんな高級ホテルにうっかり入っちゃって、お茶一杯飲むにしても、払うお金がなかったなんて、ことでしょ?」  ねねお姉さんは答えた。 「入って出るだけならタダよ。ロビーをすました顔でぶらぶらしてればいいのよ」 とりあえずねねはバッグの中から、スマホを取り出して、ロイヤルホテルに入っていくさやかの後ろ姿をカメラに収めた。      4  健太とねねは車を下りると、ロイヤルホテルの広々とした大理石造りのロビーに入って行った。赤ワイン色の一見高級そうな?絨毯をス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/11 13:03
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 3−2   やがてカローラは、たんぽぽヶ丘の一角に乗り入れた。健太とねねは緩やかな丘陵地にそびえる、 白亜の殿堂の門の傍らの路上の片隅に、さりげなく止まっていた一台の車の後ろに、少し離して、さりげなくカローラを止めた。  十年前にこの地に橋本たんぽぽヶ丘クリニックを開業した橋本長作氏の妻さやかは、ここに長作氏と暮らしていた。  橋本たんぽぽヶ丘クリニックはこの邸宅から、歩いて十分とかからない少し下った所にあった。橋本氏は週の後半金曜の午後から日曜まで、都心のマンシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/10 14:18
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 3−1 犬飼健太と猫野ねねはカローラに乗って、たんぽぽヶ丘団地に向かった。太陽サンサン、緑がいっぱい、自然豊かなたんぽぽヶ丘。夢のマイホームをここに、という大々的なキャッチフレーズで売りに出されたのは、もう何年前のことか。大々的なキャッチフレーズとともに売り出したわりには、それほどの効果は上がらなかったようだが…。  それはさておいて、当時はモダンだった木造のシックなムード漂う邸宅、山荘風の外観を施したログハウス調の邸宅などなどおしゃれな邸宅と称された、今ではそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/09 18:49
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム! 2  河合探偵事務所のドアを、お早う、と元気良く開けると、やあ! と犬飼健太の明るい第一声がねねを出迎えた。犬飼健太はモーニングインスタントコーヒーを入れて、猫野ねねの所へ持ってきてくれた。 「お早う御座います、猫野さん」  犬飼健太もこの四月に、河合探偵事務所にやってきたニューフェイスだった。中肉中背よりやや背の高い、おぼっちゃま風の軽そうな日焼けした男の子だった。今春地元の高校を卒業し、どういう運命の糸か、この事務所の一員... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/08 19:10
はい、こちら河合探偵事務所
ボンジュール、マダム!  1  猫野ねねは小鳥達のさえずりで、目を覚ました。日差しがまぶしい朝だった。いい天気、と背伸びした。欠伸混じりに枕元の時計を見て、ぎょっ!ぎょっ! とした。まさか! そんなあ! 目覚ましは鳴ったのか、鳴らなかったのか、かけ忘れたのか…。いずれにしても七時三十分を過ぎていた。 大慌てで、ベッドから飛び起きると、狭い部屋をあたふたと駆け回った。十分足らずで身支度を整え、朝食のテーブルに着いた。冷蔵庫からヨーグルトとオレンジジュースを取り出し、テーブルに投げ出されてあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/07 18:45
バレンタインの思い出
バレンタインの思い出 6(作品紹介)    隆之介君は飲んでいた紅茶を中断して、怪訝そうにななみを見た。その目は何でまたみすずさんが出てくるわけ? と尋ねていた。 「だって龍之介君、みすずさんと…」とななみは言った。「卒業してからずっと付き合ってたって、風の便りで聞いたけど…」  龍之介君はふいと顔を赤らめた。 「東京に出て来て一年くらいは、同郷のよしみとかで、一緒に映画とか見たりしてたんだけど…、お互い興味の対象が段々分かれちゃったみたいでさ、段々会わなくなって、自然消滅ってやつ…」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/31 10:08
バレンタインの思い出
バレンタインの思い出 バレンタインの思い出 5(作品紹介)  そこへ隆之介君が救世主のように近付いて来て、私を背中に背負ったかと思うと、保険室迄運んでくれた。途中で私、自分で歩けるから、と降ろしてもらったけど。…さぞかし重かったでしょうね…」 「あの時は、痛かったんだろうな」と隆之介君も思い出したように言った。 「あの時の隆之介君の言葉、今でも覚えてる…『痛い目見ればこれからは気をつけるから、この程度の怪我でよかったよ。不幸中の幸いって奴だな…』   とても有り難かったわ。胸にジーンときちゃった…。だって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/30 13:41
バレンタインの思い出
バレンタインの思い出 バレンタインの思い出 4(作品紹介) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/29 13:24
バレンタインの思い出
バレンタインの思い出 バレンタインの思い出 3(作品紹介)  まるで別世界に舞い込んで行くような気分だった。胸はわくわくと躍動していた。疲れなんか何のその、という気分だった。ななみは湿原の織り成す大自然の美しい景観に心奪われながら、木道を元気に歩いた。  やがて霧が晴れ青空を背に、広大な緑の湿原が遥かかなたまで続いているのを目にした。湿原には川が流れ、林が続き、更にその向こうには山並みが広がっていた。 「このヨッピ橋経由のルートはメインルートに比べ、人通りが少ないから、静かな尾瀬ケ原散策が楽しめると思うよ」百日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/28 19:20
バレンタインの思い出 
バレンタインの思い出  バレンタインの思い出 2(作品紹介) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/27 18:36
バレンタインの思い出
バレンタインの思い出 バレンタインの思い出 1(作品紹介)        1   都会の片隅の、小さな喫茶店の窓辺のテーブルで、ななみは染み入るような秋の日を浴びながら、アフタヌーンティーを賞味していた。目下就職戦線真っ只中にいた。堅苦しい紺のスーツに身を包み、都心から電車を乗り継ぎ、三十分揺られて、某旅行会社の面接を受けての帰り道だった。くるくるとスプーンで紅茶を掻き混ぜ、一口啜ってはため息をついた。日々はめまぐるしく流れ過ぎて行く。ほんの一年前のことすら、もう遥か昔のように思われる、余りにも変化の激しい時代…... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/26 20:52
車でいっぱいの大病院の駐車場で
車でいっぱいの大病院の駐車場に車をちゃんと止めるのは、年寄りには結構キツイ。おまけにその日は冷たい雨がしょぼしょぼ降っていた。寄る年波の老齢には、空いてる場所を探して車を止めるのも一苦労だった。やれやれと、何とか車を止めて外に出た。  するとちょうどそこに居合わせた整理係らしい人から「おたく、前の車にぶっつけたよ」と声をかけられた。  えっ? と私はびっくりした。全くぶっつけた覚えはなかった。まるで狐につままれたようだったが、前の車を見たら、バンパーに小さい傷があった。  私は全くぶっつ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/24 12:50
バラの木の植え替え
バラの木の植え替え バラの木を植え変え替えました。植え替えは12月から2月がいいらしいですが…。元気がなくなって新しい芽も出ないようなので、様子を見ていたのですが、思い切ってそれを抜いて、日当たりのあまりよくない場所にあったバラをそこに植え替えました。思い立ったが吉日というか、私の都合、気持ちで、植え替えてしまいました。さてどうなることでしょう?元気に根付いてくれるといいのですが…。 元気で美しい花を咲かせてくれていたころのクインエリザベス。ありか何かに根元をやられてしまい、ある日突然枝がいくつかに折れていたのを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/22 19:13
雨の日の迷い犬
雨の日の迷い犬 降りしきる雨の中、黄昏の通りを一匹の犬がさ迷っていた。若いハスキー犬のメスだった。道行く人は雨に濡れ、薄汚れた彼女など見向きもしなかった。彼女も道行く人の流れに逆らわず、溶け込むように黄昏のほの暗い通りをさ迷っていた。 彼女が信号を無視して、横断歩道を渡ろうとしたとき、ちょうどそこへパトロール中の巡査が通りかかって、あわや彼女を引いてしまいそうになった。巡査はあわててブレーキを踏んだ。彼女もびっくりして、横断歩道の途中で立往生してしまっていた。 巡査は車から下りて、彼女のもとに駆け寄った。巡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/11 09:06
ともだち
鳥羽水族館にいる、ジュゴンのセレナとカメのカメ吉の心温まるお話。仲良しの二匹は同じ水槽で毎日楽しく過ごしていましたが、ある日飼育員がカメ吉を別の水槽に移してしまいました。とたんにセレナが餌を食べなくなり、元気がなくなってしまったそうです。原因に気付いて飼育員がカメ吉を元の水槽に戻すと、セレナの元気も回復したそうです。動物にとっても友達は大切なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/06 16:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

雨上がりの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる