「アンネの日記」本、破損事件について

 突如としてにわかに騒がれ始めた「アンネの日記」本の破損事件。いったい誰が何のために? なぜアンネの日記なの? ナチスと結び付けたい? 何か裏がありそう…?
 一方で破損事件に心を痛めた人が「杉原千畝」の名でアンネ書籍を寄贈。それに対してイスラエル大使館が「心配と思いやりに深く感銘を受けている」と同じくアンネを寄贈…。
 ほんとにどうなってるのでしょう???
それにしても人騒がせな犯人が一日も早く捕まることを願うばかりです。なんでさっさと捕まらないんでしょう。防犯カメラとかあるでしょうに…。
 メディアは杉原千畝の本も破られてたと判明したのを境にトーンダウンのようですね。杉原千畝の話は右寄りの方が好きな人が多いらしい…。もっとも日本が好き、韓国は嫌いと言うと右寄りとか右翼になってしまうようですが…。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック