「中国・韓国が反日である理由 青山繁晴」について

中国・韓国が反日である理由 青山繁晴」について
 そもそも日中国交正常化を行った時点で、お互い、過去のことより未来志向でやっていこう、ということだったのではないでしょうか? 
 その後日本は莫大な額のODAや技術支援など、惜しみなく中国に行ってきました。そしていまだにODA支援を行っているそうです。なぜ中止しないのかわかりません。
 にも関わらず、いまだに国民に反日教育を行い、日本人を悪者にしたTVドラマも盛んに作られてるとか。 お互いに未来志向で、という理念はどこに行ったのでしょうか? バカ真面目に受け取ってそれを実行した日本が結局損なくじを引かされたということでしょうか?
 さらに言えば日本が援助した資金やらで、軍備を増強、今や日本の脅威にすらなってます。日本は莫大な金額や技術支援を行なって、結果的に将来の脅威となる敵を自ら作り出していたということですね。
 日本のヘタレ、弱腰、融通のないばか外交にがっかりする今日このごろです。

日中国交正常化の後
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1194482656


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 角栄 中国外交の真実

    Excerpt: 『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略(深田匠 著)』に関して、 他のブログでも部分的に紹介されているが、特に重要な内容を、ここでも紹介しよう。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-03-08 17:32
  • 国益を忘れた日本の没落 Part1

    Excerpt: 極左翼の民主党が政権を取ってからというもの、国益を忘れた日本の崩壊は急加速している。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-03-08 17:33