電波は国民の大切な財産です!

国際政治のリアリズム」について
 電波は国民の大切な財産です。一部の放送局のものではありません。でも特権の上にあぐらをかいてるテレビ局の独占状態。テレビ局の電波利用料は不当に安いそうです。

 >日本のテレビ局は新規参入による競争がない。皆で一緒に低レベルの番組を流していれば、どこかが極端に負けることはない。国民の財産である電波の使用権が自由化されてないのは世界中でも日本ぐらいだ。閉ざされた世界で新規参入による競争がなければ当然、組織は腐敗する。どうせ大半の番組は下請けの下請けが作ってるわけだし。ただ放送免許に守られてぬくぬくとしてれば、それで高給がもらえる。かくして番組のレベルはますます落ちてゆく。問題は、同時に視聴者の質も落ちて、国民がどんどん馬鹿になってゆくことである。
 出演者はハーフ(外国籍?)と面白くもない下品な吉本のタレント、そしておかまと左巻き?コメンテーター…。しかも同じ顔ぶればっかり。チャンネル回すと、また同じ人が出てる。何かの罰ゲームですか状態です! いやなら見るな、と言う人もいますが、確かにまともには見てませんが、でも電波は国民の大切な財産です。こんな状態でいいのでしょうか? いつまで一部の放送局の独占状態を許しておくのでしょうか? 各局ありますが、流すニュースにしてもみんな右向け右で申し合わせたように、同じニュースきり流しません。
画像

「電波利用料」1時間660円を104万円で売る放送利権の実態
http://www.mynewsjapan.com/reports/1062

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 犯人はもうすぐ死にます

    Excerpt: 2014年5月30日、横浜地方検察庁に行ってきました。検察庁に行ったのは、2011年4月8日、2014年3月14日、同年4月18日に続いてこれで4回目になります。横浜 ... Weblog: 人殺し警察官 逮捕協力のお願い racked: 2014-06-02 01:18