新宿焼身自殺未遂について

新宿南口で集団的自衛権の行使容認の反対訴え、焼身自殺を計る。 
 平和、戦争反対と訴えながら、その手段として焼身自殺? いくら自分の命とは言え、命を軽く扱ってませんか? 過激というか異常でしょう? 自分の命をこんな風に扱う人は、他人の命に対しても同じだと思います。自分たちの主義主張のためなら、手段を選ばない。極端な話、自分たちの主張する平和のためなら、反対者の命を奪っても構わない。間違ってもこの日本でそのようなことが日常化しないことを願うばかりです。これこそテロそのものです。
集団的自衛権については(個人的見解) 
 集団的自衛権が通ったら戦争になる。どうしたらこういう考えになるんでてしょうか? 有事に備えて自己防衛できるようにしておく。ごく当たり前のことではないのでしょうか? よその国が絶対に日本を攻めてこないという保障があるわけではないんですよ。
 戦争をできる国にしてしまうとか、意識的にミスリードしてるんでしょうか? 
責められても日本自ら守るすべがない。すべてアメリカ頼り。こんな現実でいいのでしょうか? 果たしてアメリカが血を流してまで、他国民の黄色人種の日本人を本気で守ってくれるでしょうか? いざとなったら自分の国は命をかけてでも、自国民が守る。これが世界の常識です。自己防衛するすべのない国でいいのでしょうか?

画像

新宿南口で男性が焼身自殺図るhttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • mayflower

    日本のマスコミは中国共産党に乗っ取られているそうです。おっちさんによると、100万人も工作員がいるとか。
    新聞、テレビしか見ない人は騙されるのですね。ネット情報も、気を付けないといけないかもしれませんが。
    2014年07月07日 01:09
  • 雨上がりの散歩

    100万人の工作員とかすごい!ですね。最近の反対デモを見ると、なんとなく違和感を感じます。ドドンガドンという太鼓は一体何なのでしょう。
     こんな情報も流れてます。
    マスコミと韓流ブームの正体
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n119642
    2014年07月07日 19:53

この記事へのトラックバック

国防アレルギーからの覚醒 Part1
Excerpt: 本日、集団的自衛権を可能とする憲法解釈を是正することができ、限定的ではあるものの、ようやく大きな一歩に踏み出すことができた。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2014-07-02 23:47