滋賀県知事選 残念な結果でしたね。

左翼くん 安倍政権暴走チェック!」について 
 一万余の差ではありましたが、卒原発、集団的自衛権反対を掲げた三日月氏が当選!  
県政を滋賀県民はこの三日月氏に託した。滋賀県民ではありませんので、県政に対してどんな政策を掲げていたのかは知りませんが、マスゴミの報道によると、卒原発、集団的自衛権反対を掲げた三日月氏が勝利! とのこと。
 >安倍晋三首相は14日午前の衆院予算委員会集中審議で、滋賀県知事選で与党系候補が敗れたことについて「集団的自衛権の議論が影響していないとは申し上げるつもりはない」と述べ、行使を容認した1日の閣議決定が影響を与えたことを認めた。

 >ただあくまでも知事選であり、首相は「県民は滋賀県の将来をだれに託すかの観点から判断した」とも述べ、県政の争点が勝敗の決め手になったと指摘した。安倍総理のおっしゃるとおりですね 県政と国政は違います。まさか滋賀県民の皆さんは国政の問題を焦点に、この三日月氏に投票したわけでもないでしょう? あくまでも県知事選です。滋賀県政を争点に投票したはずです。
 それにしても都政についてほとんど語らず、ただただ脱原発を掲げて立候補した方もいましたが、結構票も取ったようでこれにもびっくりでしたが、エネルギー政策はその国の繁栄、存亡に関わる大切な問題であり、脱原発も含め、今後エネルギー政策をどういう方針で行うかは国が担うものです。原発を無くす方針で進めたいのなら、国の問題としてさまざまな観点から議論されるべきであって、一県民だけの意向でどうこうなるものではありません。集団的自衛権についても同じです。あくまでも滋賀県政を争点にして、滋賀県民は三日月氏を選んだのでしょう? 違うのでしょうか?
画像

 

この記事へのコメント

…………
2014年07月20日 15:47
もう誰が知事になろうが一緒だと思います。

この記事へのトラックバック

  • イラク人質事件の真相 Part1

    Excerpt: 今回は、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』の【序章】を、2回に分けて紹介したい。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-07-15 01:33
  • イラク人質事件の真相 Part2

    Excerpt: 2004年に発生したイラクでの日本人人質事件に関して、日本の左翼マスコミが一切報道しなかった真相の核心部分を紹介したい。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-07-16 19:43