ばかだのちょんだの野呂間だの

反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート」について
  ばかだのちょんなど野呂間など、という言葉は(確かに余りいい言葉ではないかもですが)普通に日本で使われて来た言葉です。

谷垣幹事長がばかだのちょんだのという差別用語を使ったと、さっそく反日マスゴミがクレームをつけました。バカとちょんのちょんを朝鮮人と解釈して差別だと言ってるんでしょうか?
 でもちょんは朝鮮人という意味ではないようですよ。江戸時代から使われていた言葉で、「半分、半人前」「取るに足らない人」という意味のようです。
 昔はやったバカチョンカメラもそういう意味のカメラのようでしたが、ちょんを朝鮮人の差別用語と結びつけて、いつのまにか放送禁止用語になってしまったようですね。ばかちょんも同じく、ほんとはれっきとした日本語なのに、朝鮮人と結びつけていつの間にか差別用語にしてしてしまうのでしょうか? 一般的に使われていた言葉を差別用語にしてしまうことのほうがどうかと思います。これこそ言葉狩りですね。
画像

 wikipedia - バカチョン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3
 
 また維新が言っていたが、といってるのに維新が言ったのはスルーなんですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック