アメリカ大統領選

個人的にはクリントンさん勝利、と思ってました。仮に接戦だとしても、世論調査、また伝えられてくる過激発言などの情報などから、やっぱりドナルドさんは無理だろうな、と。また日本だったら多分ヒラリーさんだったろうな、とも思いました。もしかしてこれもまたマスゴミの印象操作?なのかもですが、ヒラリーさんの方がいろいろな意味で無難のように思えましたから。また日本人はムードとか風によって判断する人が多いと言います。ですので流れがそのように流れていると思えば、そのような流れに乗る人が多数ではないのかと。

アメリカでもセレブ、マスメディアは(これももしかして日本のマスゴミがそればかりをピックアップした?)殆どクリントンさん支持だったようです。そういう中でも日本人のように流されないで、俺は俺、私は私というトランプさん支持者が多数いたのかな? 移民に仕事を奪われた白人層の鬱憤も強かったようです。いろいろ問題ありかもですが、それでもトランプさんにチェンジを期待したんでしょう。
画像

それにしても日本のマスゴミのクリントンさん押し、ドナルドさん下げも露骨でしたね。別に日本でトランプさん下げしても、何の意味ないのではないかと思いましたが、結果が出た時点でも、まだありえない、とまるで自国の選挙のことのように衝撃を受け、喚いていた方もいるようです。多分世界の流れが保守化に向かうのが嫌、ということなのでしょうけど。

得票数ではヒラリーさんの方が取っていたとか。民主主義の選挙というのも難しいですね。特にアメリカのような大国では。これからどうなるのか注視ですね。日本では過激発言ばかりが強調?されてましたが、でも独裁国家ではないのですから、トランプさんの言動がそのまますべて実現するとも思えません。どうなるかはわかりませんが、ただアメリカの利益を最優先する、という基本は曲げないのではないかと思います。当然と言えば当然です。アメリカの大統領なんですから、日本のことを最優先に考えるわけがありません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック