雨上がりの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップサッカーとNHKと電通の黒い関係

<<   作成日時 : 2018/07/07 09:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

>これ、電通がピンハネして受信料搾取してる黒幕。JCや電通に国税は税務調査行け。電通が受信料を食い荒らす悪行をもっと国民は認識すべき。総括原価みたいな受信料制度は終焉さえないとな!

ワールドカップサッカーとNHKと電通の黒い関係



死んで何年も経つ母親宛にNHKから督促状 「死後から今日まで受信料を払え」と故人からも受信料を徴収 という話を聞いて恐ろしいと思いました。まさにあれだけ儲けて、(日本国民から強制的に受信料を徴収)、さらにネットからも金を取ろうとする守銭奴、NHK]さんですね。
NHKを観た人が観た分だけ支払うなら納得もしますが、ほとんど見なくても、TVがあるイコールNHKの受信料を払う。なんでこんなことがいまだにまかり通っているのでしょうか?

他にも
祖母が独り暮らしで亡くなった時にNHKに電話して解約を求めたところ、契約者本人からの連絡でなければ解約できないと言われました。
いや、亡くなったんですよ。と本人が連絡できないことを伝えても通じないことから、ではそちらから本人に連絡して解約意思を確認してください。と言ったら、わかりました。と言って後日連絡すると言うことに。。

結局、2日後に電話があり、今回は本人に確認取れませんが(当たり前ですが)、解約手続きをします。とようやく解約できました。とかという話。なんかすごいですね。


コメント

「契約者が死亡した場合、相続人に引き継がれることになり、理屈上は契約は続いている」
契約まで相続されんのかいw「本人との契約」じゃないんかいwびっくりした。

NHKは一般の視聴者に高飛車で、政治家には弱い。政治家の2世をコネ入局させているのもそのため。こういうところは抜け目ない感じ。

多くの国民は月千円とか2千円とか節約に躍起になっているのに、見ないのに、利用しないのに、毎月取られるのは納得いかない。この件は氷山の一角

新聞だって読まない間は止めれるのに。
入院が長期化するときは見れないんだからせめて休めるようにできないのかな。法律で縛るのならせめて視聴者の希望をもう少し汲んでも良いと思う。

NHKが国営である意味が未だにわからない。誰得の電波なの?契約は任意で十分。見たくない人は電波受信無しでいい。こんな簡単なこともできない政府も、どうかしてる。

NHKの体質はいろんな意味で本当に酷いもので、なぜ国会で大問題として取り上げられないのか不思議。

NHKさん何年も前からNHKには言ってますが、受信機器があるから払えと言うのであればせめてBーCASカード等に地上デジタルのみ視聴可能とか衛星放送共に可能とか契約によって変えれば早いでしょ?
未契約および未払いであれば視聴不可にすれば不信感も生まれないのでは?
技術的には可能でしょ?
都合の良い理由を並べて見てもいない人からも地上デジタルと衛星放送両方分徴収しようとするのはおかしいでしょ!?
少なからず自分はNHKが国営である必要はないと考えてます、郵政と同じく早く民営化して民放と同じく無料にして下さい。
議員に都合の良い憲法は早急に変わりますが、税金と同じで収入になる部分は減らそうとしないのはおかしいですよ。

ちなみに自分が調べた範囲では公営放送をテレビ税として徴収している国は複数有るが、NHKが世界一高額でNHK職員が世界一高給。
そしてテレビ税の世界平均額を勘案して計算するとNHK受信料の適正額は1ヶ月分178円である。
尚、公営TV放送を有料化且つデジタル化している国でスクランブルをかけていないのはNHKだけである。
更に、NHK受信料は実質的にテレビ税であるが、日本の税法ではどんなに詳細に調べても特殊法人には徴税権が無い事が明白であり、徴税権の無い者が徴税した場合、犯罪構成要件を満たす。
つまり、NHK受信料は暴力団のミカジメ料orショバ代と同類の性質が有ると考えられる。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールドカップサッカーとNHKと電通の黒い関係  雨上がりの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる