反捕鯨団体

「ツナミきても笑わないようにつとめるよ」「五輪ボイコットを」  IWC脱退、「爆弾落とせ」の許せないコメントも

環境保護団体とやらは、どの環境を具体的に保護するのか知りませんが、あの大きな鯨の体を維持するために、どれだけの魚の命が犠牲になってるかは考えないのですか?
鯨ばかりを保護して、鯨が増え過ぎたら、海の資源が無くなりますよ。鯨が大事だと言うのなら、自分たちの国の近海で好きなだけクジラを飼えばいいんじゃないですか。その結果どうなるか見ものです。ま、魚を食さない、4つ足を食す連中ですから、基本困らない?かもですが。

江戸時代の日本人の生活は自然リサイクルを上手に生かした生活でした。ですから江戸時代まではずーーーっと海も汚れず、豊かな漁場が保たれていました。調和こそが大切なのをよく知っていたからです。
それに鯨がいなくなったのは別に日本のせいではありません。大量に取ったりはしていません。確かに日本人は鯨を食しました。命をいただきます。それだけに鯨の命を無駄にしないように、鯨一匹、無駄なく使ったそうです。そして最後には鯨に感謝して、鯨塚を作りました。これが日本人の祖先の鯨に対する態度です

大量に鯨を殺戮したのは米国でしょう? ただ鯨の油を取るためにだけに。小さなクジラまで情け容赦なかったと聞きます。そして油を搾り取ったら海にポイ。ほんとうにひどいのはどっち? 雲泥の差ではありませんか? 4つ足など食べることは野蛮な行為としてきた日本人です。江戸時代までは家畜などいませんでした。豊かな海に囲まれ魚を主なたんぱく源としてきた民族です。日本人はこういうことを世界に向かってもっと発信してほしいです。野蛮人はどっちと言いたいです。

>日本人と名乗るユーザーの一人は「日本の決定に反対でも賛成でもないけど、批判する人は感情に支配された論議に簡単に流されていると思う。牛やニワトリや豚を殺して食べるのと同じ事。『クジラは賢いけど、牛は知能が低いから牛肉を食べる』というの? なんて傲慢なんだ」と、感情的なコメントを批判する書き込みも少数ながらあった。

「この殺人犯を止めるために、もう一発、爆弾を落とそう」
鯨って人間だったのか?笑笑

生きてるものは結局他の命の犠牲のもとに自分の命を維持してます。命をいただく感謝の気持ちは大事ですが、何を食すかはそれぞれです。にもかかわらず牛や豚や鶏を殺して食べるのは構わないが、鯨を食べる奴には爆弾を落とそう、とか、なんなのでしょう、この連中は?


「ツナミきても笑わない」「五輪ボイコットを」  IWC脱退、「爆弾落とせ」の許せないコメントも
https://this.kiji.is/450846474058073185?c=39546741839462401

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック