小4の女児を虐待死させた父親は実父?

マスゴミは殆ど触れませんが、状況証拠から考えると、母親は再婚なのでは?もし日常的に虐待していたのなら、いつごろから虐待されていたのでしょうか? 小さい頃からずっと虐待されていたのでしょうか? 少なくとも10歳まで育っています。いつ頃から虐待が始まったのでしょうか? 急に虐待が始まったのでしょうか? また一歳になる赤ちゃんがいるとのこと。その間女児はずっと一人っ子で、赤ちゃんが生まれたころから虐待が始まったのでしょうか?

母親が31歳で心愛ちゃんが10裁。ということは母親が21歳で生んだ子です。こんな暴力夫と10年も一緒にいられるのでしょうか?

広い世の中、確かにひどい実の父親もいるにはいます…。それにしてもいつも思うのですが、結局誰も幼い命を救ってやれなかったということ。幼い子供は大人に頼るより仕方ないのに、女児の周囲にいた、あるいは多少なりとも関わった大人たちの誰一人として、女児の命を救ってあげられなかった…。
教育委員会、学校、児童相談所、子供に関わるこんなにたくさんの組織がありながら、形だけ整っていてもダメなのだな、とやっぱり思ってしまいます。大変なのはわかります。それでも子供に関わるプロではありませんか?それで食べていらっしゃる方たちです。よくお役所仕事と言われますが、実際こういうことがあっても謝りはするものの、結局誰一人責任を取らず、誰の首が飛ぶというわけでもなく、多分お給料が減額されるとか、そういうこともないのでしょう。実際首が飛ぶこともないし、自分自身の身が傷むということはない…。

その一方で子供教育にたくさんの予算が使われながら、いじめで命を落とす子供、虐待で命を落とす子供、そういう悲しい話を耳にして久しいです。相も変わらず何も変わってない、という印象です。話し合いだとか会議だとか規則を強化するとか。でも思うのはどんなに立派な組織、決まりを作ってみたところで最終的にはそれを実行するものの能力というか、心構えというか、そういうことになるのでは?

>父からも母からも暴行を受け、学校も教育委員会も児相も守ってくれない 必死の思いで書いたアンケートも無駄紙になってしまった 本当に可哀想で仕方ないと思うと同時に、関係各機関、父親と母親には本当に腹が立ちます。

多くの人はそう思ってるでしょうし、私もそうです。かわいそうな子供のために寝食を忘れて尽力を尽くす、そういう方もいらっしゃるでしょうし、またそういう方ばかりなら女児は助かっていたことでしょう。でも残念ながら適切な対応というものは行われませんでした。一言で言えばみんな面倒なことには関わりたくない、逃げていた、という感じです。ですので悲しい事件も無くなりません。確かに関わってる方々にも自分の生活があり、いろいろやらなければならないこともあるでしょう。


>人間は自分が一番と考える人が多数だと思います。実際に自分の目の前で暴力を受けてる人が殺されそうになっていたとして、助けられる人ってどれだけいるでしょうか? いくら正義感があって助けたいと思っても、自分の腕力が相手に及ばなければ助けるどころか、自分の命すら危なくなってしまいます…。

批判するのは簡単だけれど…、じゃああなたに何ができるの?と言われると…。時間的余裕も必要でしょうし、財政的にも、健康面でも、実際に行動を起こすのにはいろいろ必要なことがあり、大変だと思います。ですので私もえらそうなことは言えません。それでも変なことは変だと言うことも大切だとは思います。(ちょっと、何がいいたいの?状態になってしまっている?)
今回の場合は子供が幸せに安全に生活できるように頑張るそういう仕事に携わり、それで食べているプロとして、あまりに無責任な対応だと思います。失われた尊い命はもう戻ってきません。以前にもありましたが、今回も大人に頼る以外、自分ではどうにもできないまだ無力な子供が結局犠牲になってしまいました。誰一人救ってあげられなかった…。胸が痛みます…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック