着物高く買い取ります…

 タンスにうん十年眠ったままの着物。そろそろ何とかしないとと、重い腰を上げ、処分しようと決心して、着物高く買い取ります、のうたい文句に望みをかけて、そこに電話をしました。私の地域の方にも買取出張していただけるのでしょうか? 大丈夫ですよ。ご都合のいい日は?と聞かれ、午前中なら大体大丈夫です、というと、ではこちらから折り返し連絡します、という返事。ややあって、では今日はいかがですか? と聞かれ、えっ? と返事。今日の午後の五時ごろ、いかがですか? えっ? なんだか話が早い、と思いながらもできれば、4時くらいで、と言い、わかりました。では担当のものに伝えます、ということになりました。
またややあって、担当のものらしい人から、前の人がキャンセルになったので3時ごろにお伺いしてもよろしいでしょうか? と電話があり、3時に来ていただくことになりました。
 担当のものは3時少し前に来ました。コロナ騒ぎなので私はマスクをし、相手の方もそれを見てマスクをしてくれました。とりあえず上がっていただき、タンスから着物を出してみてもらいました。25点くらい。ほとんど一度も着たことがありません。防虫剤を一年一回取り替える程度で、あとはずっとタンスに眠り続けていました。ポリエステルのものは買取できません、ということで半分以上買取不可。帯も数点見てもらい、帯は気に入ったのか買い取ってくれる模様。でおいくらくらいになるのでしょうか? と聞くと本社の方に連絡入れます、と、スマホで何やらいろいろ連絡を取っていたようです。
 段ボール1箱で大体1000円くらいが相場ですね。はあ、そんなもんですか。がっかり。で、そうするとおいくらくらいになりますか? 
 300円ですね。 えっ? 
 着物が5点。、帯が4点、それで300円? 何かの冗談? いらない古着ですら500円くらいにはなりました。もちろん買い取っていただくのは断念しました。母が私の嫁入り道具としてコツコツ買い貯めてくれていたものを、いくらなんでも300円で売るのは忍び難い。
 他に何か貴金属類とか、古切手とか、あれば見せていただけますか? 私はありません、と言いました。というのも以前にも似たような体験をしたことがあったからです。古着買い取りますとか、いらない小物類買い取りますとか。捨てられなかった古着など処分できると期待して連絡を入れました。ちょっと見ただけで、ほかにブランド品とかいらない指輪とか、ありましたら、という流れになりました。娘からもらって全然使っていなかったブランド品の財布を出しました。それはもともと娘がネットで安く買ったもので、気に入らなくて私にくれたものです。結局古着にはほとんどめもくれず、その財布だけ買い取りました。
 いらない小物類の方は指輪を買い取っていただきました。それも普段使っていないし、これからも使わないだろうと、この際お金に変えようと思って。ただ指輪については後でそんなに安く売ってしまったの? と言われれ、後悔しました。
 今回の着物の件も、正直なところ着物にはあまり興味がなかったような。着物高く買います、はつまりは客探しに利用してるのかな、とふと思いました。今の時代、そんなに高価ではなくてもちょっとした貴金属類は結構皆さん持っていらっしゃる方は多いと思います。本当はこっちほうが目的なのでは? 300円というのはそもそも買い取る気がなく、で私が断るような値段を出したのでは? ふっとそんな気がしてきてしまいました。あくまでも私がそう思っただけで、本当のところはわかりません。その会社は上場企業ということで、パンフレットもごりっぱ、態度は丁寧でしたし、電話の応対も丁寧でした。
 また思ったことは確かに着物の古着の売買くらいで、会社としてやっていくのはむずかしいだろうな、と。また出張買取なんてものに期待してはいけないと。わざわざガソリン使って、時間と手間をかけてくるからにはそれなりの見返りがなければやれるものではありません。こちらは便利でも、その分それなりの代償を支払わないと、と。
 以前にも似たような体験をしたことがありましたので、それほどのショックはありませんでしたが…。これが現実、夢のようなお話なんてやっぱりないのか、と改めて思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント