自民党議員に税金から200万円支給、申請不要で即時振り込み

>経済活動が長期にわたってストップし、多くの国民が生活苦に直面するなかで行なわれていたのは、予算流用だけではない。なんと、身内である自民党議員たちに対しては、“極めてすみやかな支援”が行なわれていたのだ。
一方 国民の現実
>全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」の支給が、遅れに遅れている。オンライン申請のトラブルが相次いでおり、手元に届いた申請書を返送してもいまだ受給できていないケースが大半というのが現状だ。

高市早苗・総務相は5月29日の会見で、「全体の99.9%にあたる1740団体(市区町村)が給付を開始した」と胸を張ったが、実際に給付された世帯はわずか28%(6月5日時点)。


>収入が大きく減った中小企業に最大200万円(個人事業主は同100万円)を支給する「持続化給付金」も、「書類を送っては何度も“不備がある”と突き返され、不備の内容を問い合わせようにも電話が何時間もつながらない」(都内の個人事業主)といった悲鳴が相次いでいる。

めんどくさい書類の提出、それを審査する手間、そして不備があると突き返され、問い合わせるも電話がつながらない。何なのでしょううか? これは。

>「必要な方に支援を一日も早くお届けできるよう、全力を尽くします」──5月25日、緊急事態宣言解除の会見で安倍晋三・首相が述べた言葉を信じている人は、もういないだろう。

ところが、である。総理会見の翌26日、衆参の自民党議員にはいち早く「給付金」が届けられていたのだ。それも1人あたり200万円の大盤振る舞いだ。


>「5月26日に党本部から各政党支部に200万円の支部交付金が振り込まれた。通常の支部交付金は年6回に分けて総額1200万円が配られるが、今回はそれとは別枠の臨時の活動費という説明だった」
>国民が各種給付金の複雑な手続きに悪戦苦闘している間に、こっそり「申請不要、即時振り込み」の支給がなされていたわけだ。
新型コロナ対策で、国会議員の歳費は2割削減(5月から1年間。月に約26万円減額)されていたが、結局は政治資金でしっかり補填されており、「身を切るフリ」でしかなかったことがよくわかる。

一言でいうと、万事がこんな感じですね。ただのフリだけ。おかねを無利子で貸し付けますとか。ええです。結局借金を先送りしただけじゃないですか、という話。

コロナ疫病で普通の日常生活が送れなくなっているのに、普通の経済活動ができなくなっているのに、こんな時にもお金配りますよ、手続きしてね、そして複雑な手続きを要求して国民を困らせて、やっとしぶしぶ厳しい要求?を通ったもののみ、お金を配るのでしょうか? それでも国民は苦情も言わず?政府の要求に沿うように申請書を作り、不備があると言われれば電話してやり直そうとする。ところがその電話がなかなかつながらないらしい。経済対策に○兆円使いますとか、表向きはすごい蓋を開けてみると、いろいろからくりがすごいようですね。
 いざという時の政府、いざという時の国民の代表の総理大臣、国民のために迅速してもらえると思っていたのに。コロナで気分的に晴れない方も多い中、こういう時にこその頼みの綱、日本政府が全く何の頼りにもならないことが判明。コロナの疫病のおかげで?安倍政権の真実を見ることができました。それでもまだ安倍さん支持の方も多いようですが。そして従順な国民はそれでも国民は、自粛をお願いします、外出にマスク着用、ソーシャルディスタンス、とかとかバカまじめに守って粛々と日々行動しいるようです。政府の言いつけを守って守って行動をしているようです。政府に対する愚痴、苦情もほとんど聞かれません。ネット以外では。
>自民党の回答は、今回の200万円が臨時ボーナスではなく「いつも支給しているカネを今年はたまたま早く渡しただけ」と言いたいようだが、国民への給付状況を考えれば、身内に対してだけ、あまりに“柔軟な対応”で驚くしかない。

政府は一体どういう仕事をしているのですか? 国民のほとんどは困っています。自分たちのことに関しては
こんなにも速やかに迅速にできるのに、国民に対してはいまだに給付金が届かない人がほとんど。ましては企業給付などはまだまだ先の話、というかもらえる人がどのくらいいるのかすら疑問。日本政府は国民のためにいったい何をしてくださってるのですか? とりあえず全国民にはマスク2枚と、十万給付だけです。あとは難しい手続きをさせて、申請書を作らせて、申請しろ。でもそのうちのいったいどれだけが検査を通って給付を受けられることやら大いに疑問です。

ヤフコメから
今までを見ても分かりとおり、自民党は自分の懐は一切痛めずに「身を切る政治」とかポーズばかりで、過去のしがらみに拘り、全然、国民のための政治をしているとは思えない。それは今回のコロナ対策でも周知の事実となった。
経団連等とズブズブで大企業やお友達企業の優遇・消費税増税による国民への負担増・景気が悪化しても何も緩和策を打たない等、自分の利権優先で国民の事をATM位にしか思ってない自民党の政治家は信用できない。

国会議員が支援されるとしてもコロナが落ち着いて1番最後だろ。まだまだ世の中には仕事や生活で苦労している人や給付金の順番を待ってる人がたくさん居る。

この国難時に現政府国会議員がどの様な役目を果たしたか国民は分かったんじゃ無い?自粛 休業要請下で大半の公務員の方々は仕事されてたと思う。しかし国会議員7割自粛で普段の仕事をしていないのに税金から給料満額貰うのはおかしくないかい?活動も普段より減ってるなら政党交付金も減額も当たり前でしょ。無駄に高い自動車関連税や取れる所を探し出して課税し国会議員が贅沢する為の上納金。いい加減バカバカしくなるね。

国民が皆困窮している時に、政治家は、それを救済する前に、税金が原資の金を受け取っているとは、お手盛りもいいところ。人として如何なものか、と言いたくなるが、人としてどう生きるべきかなど考えたこともないのが政治家なんでしょうね。野党がだらしないのを良いことにやりたい放題。


安倍政権は、デタラメ。日本国を借金地獄、公文書改ざん、嘘内閣、仲間中心で税金を食い物・・・。
自民党と公明党の国会議員は、不正にだんまり。地検は、公職選挙法違反や政治資金規正法違反を調査!!
申請無し即振り込みとか、国民感情を逆撫でしてどーする?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント